Fitbit HRのバッテリー不具合について解決しました。

前回、前々回とFitBit のバッテリー不具合について書いてきましたが進展がありました。

この不具合を検証しつつなんとなくネット販売に関わっている現状を分析してみようと思う。

楽天、Amazonあたりは超大手で他にも色々あるんだろうけどよくわからず使っているより少しくらい知っていたほうが何かトラブった時にもスマートに対応できるようになるよね。って話。

前回の記事はコチラ 正規代理店品を販売しているのが正規代理店ではないって何だよ!

最初の記事はコチラ FitBit ChargeHR初期不良か?バッテリーが24時間しかもたない。

メーカーとAmazonと販売元

まず今回のケースではFitBitのメーカーAmazonと販売元Solneigeって言う3つを経由して商品が届く訳ですが不具合が合った時に誰が責任とるの?ってことでちょっとトラブルになった訳です。(実際はかなり円滑に対応してもらいました。)

今回の不具合が起きてからの流れ

  1. Amazonで『FitBit Charge HR』という商品を購入
  2. 購入して充電して使い始める
  3. メーカーでは5日くらいもつハズのバッテリーが半日もたない。
  4. メーカー(サポートセンター)に連絡
  5. バッテリーに不具合があるのかチェック(不具合が確認とれたら新品交換すると説明をうける)
  6. 1日使ってやはり不具合がある事が確認される(アカウントでバッテリーの残量を確認できるらしい)
  7. Amazonで購入した事がわかるスクリーンショットをメールで送る
  8. 販売元が正規代理店ではないと発覚
  9. メーカーでは対応できないと通知がくる(正規品かどうか確認できない為)
  10. 販売元に連絡(ここがわかりにくかった)
  11. 状況を説明する。
  12. 誤りのメールとともに全額返金すると返答
  13. Amazonに返品手続き ←今ここ

今回の問題点は4つ

  1. Amazonで正規代理店品と表示がされている商品を正規代理店が売っているわけではない事。
  2. メーカーのサイトに正規代理店一覧のページにAmazonと書いてある事。
  3. サポートセンターに連絡しバッテリーの不具合があると確認されているにも関わらず、メーカー側で正規品かどうかの確認がとれない事。
  4. Amazonの販売元のページが正規代理店と同じである事

正規代理店品を売っているのが正規代理店では無い可能性がある

これは前回の記事で書いた通り

正規代理店品を販売しているのが正規代理店ではないって何だよ!
先日、FitBit HRをAmazonで購入して電池が半日しかもたないと書きましたがその話が進展しました。正直、意味不明です(汗) 前回の記事はコチラ→FitBit ChargeHR初期不良か?...

4番目と一緒になってしまうけど、販売元は正規のルートで仕入れているので正規代理店品と販売ページで謳っても問題無いと認識している。同じモノだし他のページと同じでもOKだよね?って事でわざわざ『弊社は正規代理店ではございません。不具合があった場合はメーカーのサポートが受けられませんので御了承ください。』みたいな自分達の不具合になるような文言は書かなかった。それが普通だろう。だって仕入れたモノをさばいているだけなんだから。

じゃあAmazonって何?

Amazonってデパートだと思えばわかり安い。

デパートにはそれぞれテナントが入っているよね?テナント自体は出品手数料を払えば何でも売れる。それはテナントの会社が作っている商品で無くても売れるのは当たり前だよね。

アパレルでも雑貨屋さんでも完全に自社のモノしか売ってませんって所ってあんまり無いでしょ?ソフトバンクもドコモもAUも回線を売る為にスマホを売っているわけ(もちろんそれ自体で利益は出ているんだろうけど)そんな感覚。

例えば僕がアップルさんにiPhoneを安く仕入れさせてもらえば利益を乗せて売る事もできる。

ただ、個人だと販売するサイトを作っても人が集まらない。だから人が集まる所(Amazon)に出品するれば多少の手数料がかかっても売れる方を選ぶわけです。

メーカーのHPにAmazonが正規代理店だと記載されている事による勘違い。

単純に購入するだけなら何も問題無いけど。今回のサポートセンターの説明では『こちらの販売元は正規代理店ではございません』って所。だってAmazonは正規代理店ってホームページ上に書いてあってそこで正規代理店品って書いてあったら、正規代理店だって思うじゃん?

上の例を見ればわかるけどAmazonってデパートに出品しているAmazonって店から買ったらそれは正規代理店から買ったって事になるよって事さ(笑)

サポートセンターに連絡しバッテリーの不具合があると確認されているにも関わらず、メーカー側で正規品かどうかの確認がとれない事。

今回で引っかかったのがココ。

散々アカウント情報からバッテリーの様子を見ていたのにメーカーが、正規品かどうかの確認ができないと言う事。

Aさんが売っていたら交換するけどBさんが売っていたら交換しないよ。である。

ちゃんとした所が売れ残りを安く個人に卸したものをAmazonというデパートで販売してる。だから同じものでもメーカーの対象外であるという事。

正規代理店から仕入れたものであるって事を確認とれれば保証しますって言われたからじゃあ販売元に連絡するかってなったわけ。

Amazonの出品者に連絡する方法

Amazonの販売元に連絡PC編

まずアカウントサービスから注文履歴を参照して購入したものを探します。

Amazon PC1

でこのページの販売元がリンクになっているのでクリックします。そうすると販売元のページが表示されるます。

Amazon PC2

下の方にスクロールして

Amazon PC3

右下の方に小さく『出品者に連絡』ってあるのでそこから連絡します。

Amazonの販売元に連絡スマホ編

まずアプリの左上のメニューを開いて

同じく注文履歴から商品をクリック

Amazon スマホ2

販売元の名前をロングタップしてコピーします。商品検索窓に販売元の名前をロングタップして貼り付けます。

Amazon スマホ3

Amazon スマホ4

販売元が出品しているモノの一覧が表示されるのでどれでもいいから選択すると販売元の名前が青色になっているはずなのでそこをタップすると下の方に出品者に連絡ができるようになります。

Amazon スマホ5

Amazonに登録しているメールアドレスに連絡が来る

これ全然気が付かなっくって勘違いしていたんですけど、Amazonのアプリに通知くると思ったら普通にメールアドレスに連絡くるんですよ。(当たり前か。)

僕は個人的に用の無いメールはフォルダー作って全部振り分けているので気が付きませんでした(汗)

返品してくれたら全額返金で対応する

あとはメールにしたがって返品が確認とれたら返金されるらしいです。

得した気分になって新しいモデルを買うという訳わからん展開に(笑)でも対応早くて助かりましたよ。

まとめ

Amazonで購入する時は販売元がどんな所なのか確認する方が良いと学んだ。

FitBitのサポートセンターは対応がメチャクチャ早くてストレスが無かった。

スマホからは何故か販売元を探すのが苦労した。(ここは改善して欲しいなぁ)

インターネットで購入する時は多少高くても保証やサポートがしっかりしているメーカーから購入する。

今回の販売元(Solneigeさん)は丁寧かつ素早く対応してくれたけど他もそうだとは限らないので本当に販売元には注意した方がいい。ゴネたらイラつくから。ちなみに正規代理店でもないのに販売ページに正規代理店品の文字を使うのはダメだと思う。

消費者はその文字で信用し購入するわけで、法律的にはOKだけどモラル的にはどうなの?って話。 顔が見えないインターネットの買い物だからこそモラルのある商売をしてほしいです。