コード進行をアレンジしたい 基本編

こんにちはEMUの安部です。今回はコード進行のアレンジ方法を解説しようと思います。

まずは基本のダイアトニックから。ダイアトニックでできたコードというのはドレミファソラシドから作られたコードなので違和感がないです。アレンジする為にはここを理解していないと先に進めません。必ずここはマスターして下さいね。

ダイアトニックの基本をマスターしよう

ダイアトニックとはその曲のキーから作られる基本的なコードです。キーについては大丈夫ですか?KeyがCならどこにも#や♭が付かない状態。まずはキーからしっかり確認しましょう。

キーって何ですの?

キーはその楽曲の重力がどこにあるのかって事です。

KeyがCなら重力はCになります。KeyがAならAに、DならDに戻ろうとする力が働きます。その中心の音を把握する事で音楽を自在にアレンジする事が可能になります。

キーには表と裏がある

表と裏、光と影のようにどのキーにもメジャーとマイナーがあります。

重力がAにあるとしたらAメジャーとAマイナーの関係です。

CだったらAm、GだったらEm、FだったらDmのように裏と表があります。

一番先に覚える3つのキー

曲のコピーをやっていると色々なキーが出てきますがまず覚えて欲しいのは3つです。

この3つのKeyから覚えよう

この3つのKeyから覚えよう

  • Key=C、(Am)理由 #も♭も付かないから
  • Key=G、(Em)理由 #がFに一つだけつくから
  • Key=F、(Dm)理由 ♭がBに一つだけつくから

理由も合わせて説明しました。

Keyを意識して練習する事で良く使うコード進行などが体に見について行きます。

作曲する時に応用する

じゃあそのダイアトニックを知るとどうやって曲がアレンジできるの?そんな疑問にお答えします。

コードには3つの役割があります。

  • トニック
  • サブドミナント
  • ドミナント

こちらの記事で各役割について簡単に解説してます。

音楽の基本は『普通の話』と『ボケ』と『ツッコミ』で成立している!?
いきなりですが、僕は音楽とお笑いは似ていると思っています。 音楽と似ているというか芸術全体とお笑いは似ている。 何故、お笑いと例えたのかは一番それが例えとしっくりしていると思ったからだ。この話は今...

トニックとは

トニックは安定するコードです。そこに戻ろうとする性質があります。

Key=CならC・Em・Amがトニックです。

なので曲の最後にジャーンと鳴らして終わったコードは基本的にこのトニックである場合が多いです。

トニック同士は取替が可能です。

例えばC・G・Am・Amのような進行を

Em・G・Am・Cのようにトニックのコード同士なら代替え可能

どうですか?違和感無いけど確かにサウンドは変化していますよね?

ドミナントとは

トニックに戻ろうとする性質があります。このコードは不安定なサウンドなので安定したくなるんですね。

Key=Cなら GとBm-5がドミナントです。

※説明の都合上Bm7-5になっています。

ドミナント同士も取り替え可能です。

では、さきほどのコード進行を変えてみましょう。

この進行のドミナントを変えます。

サブドミナントとは

ドミナントに行きたくなりそうな性質があります。だけどこの後にトニックが来てもおかしくない。昔はおかしいと言われていたらしいけど今では結構みる進行。F→Cとか。

Key=Cなら Dm・Fがサブドミナントです。

サブドミナント同士は取替可能です。

という進行を

 のように変更できます。

ちなみにトニックとドミナントも代替えしてみます。

どうですか、ここまでやるとアレンジしたーって感覚になると思います。色々やってみるといいいです。僕も色々な曲のコードを代替えコードで弾いてみて実験してみました。 

基本はスリーコード

スリーコードはトニック(Ⅰ)、サブドミナント(Ⅳ)、ドミナント(Ⅴ)の3つから成り立っています。

  • Key=Cの場合は Cがトニック、Fがサブドミナント、Gがドミナント
  • Key=Gの場合は Gがトニック、Cがサブドミナント、Dがドミナント
  • Key=Fの場合は Fがトニック、B♭がサブドミナント、Cがドミナント

になりますね。

これを理解したら好きなアーティストの曲を分析してみましょう。

トニック、サブドミナント、ドミナント、どれだかわからないコードの4種類に別れるとおもいます。

どれだかわからないコードっていうのはダイアトニック以外の音って事です。つまりそこの部分だけ転調(Keyが変わっている)してる。正式には『部分転調』といいます。曲によっては、サビとそれ以外が丸々Keyが変わってしまっている事もあります(汗)

同主調と平行調

転調を理解する為に同主調と平行調について理解しよう。

同主調は主(トニック)が一緒のKey。 例えばCとCm、GとGm、FとFm

平行調は調号が同じKey。 例えば CとAm、GとEm、FとDm

ダイアトニック以外に転調する場合もちゃんと意味があるように作られています。ですが基本は以下の4つ。

  • 同主調に転調 Key=Cの場合 CとCm
  • 並行調に転調 Key=Cの場合 CとAm
  • 同主調の平行調に転調 Key=Cの場合 CmとE♭
  • 平行調の同主調に転調 Key=Cの場合 AmとA

ちょっと難しくなってきましたね(汗)ここらへんはまた次回に解説したいと思います。

あとがき

今回は基本のアレンジ方法であるダイアトニックコード内の代理コードでアレンジする方法を解説しました。最後は少し難しいですがやっていけば必ず理解できますから頑張りましょう。

それでも何でこのコード使ってるの?っていうのが出てくる事があります。

それはまた別の機会に解説したいと思います。