コード進行をアレンジしたい 3つのマイナーとは?

こんにちは今回の記事は3つのマイナーについてのお話です。

前回の基本編でダイアトニックについては理解できてますでしょうか?もしまだ読まれていなかったら コード進行をアレンジしたい 基本編 を参照してください。

メジャー・スケールとはドレミファソラシドの事を言うのは覚えていますか?基本編でお話したようにコードには表と裏があってメジャーとマイナーが存在します。

例えばCの裏にはAmがあります。Fの裏にはDm、Gの裏にはEm。それらを平行調といいます。それらのコードを利用する事ができますよってお話をします。

3つのマイナーとは

ドレミファソラシドがCメジャーで裏のAmはラシドレミファソラ。つまりラ(6番目の音)に重力がある状態がAmになります。そこまでは何となく言っている事はわかりますか?

こういうもんなんだと何となく理解した方がいいです。説明は難しくなるので割愛します。

でそのラシドレミファソラの音階にパターンが存在していて、それが3つあるのでそれを紹介します。

基本はナチュラルマイナー

先程説明したラシドレミファソラがナチュラルマイナーです。6番目から弾いたドレミファソラシドですね。 そこで使用するコードは音階が変わらないのでメジャーの時と変わらないです。

生徒
さっきから6番目って言ってるけどそれが何なんです?
安部
6番目から並べただけだと使用するコードも変わらないんですよ。でもこれ以外の2つは音階がちょっと変わってくるから使用するコードが変わってくるって事です
生徒
わかったような、わからないような(汗)
安部
それじゃ他の二つも説明していくから一つづつ覚えていこう。

スリリングなハーモニクスマイナー

ハーモニクスマイナーはナチュラルマイナーの7番目の音が半音上がった音階です。と教本に書いてあります。いつも思うんですけど何でこういう説明しかできないんだろ?って思う。ルートの半音下になるって覚えればいいのに。

  • ナチュラルマイナー A,B,C,D,E,F,G,A
  • ハーモニクスマイナーA,B,C,D,E,F,G#,A

になる。そして使うコードもG#が絡むコード全て変わってきます。でもとりあえず覚えて欲しいのは一つだけ。

Aに戻りたいE7

安部
基本編でお話したドミナントって覚えてますか?
生徒
え~と、Cの場合はG7とBm-5ってヤツ?
安部
そうです。詳しい話はまた別の時にするけど、GからCのように5度動くのには凄い重力がかかるんだ。
安部
どんな音でも同じね。それがドミナントつまり○7のコードだとさらに強くなるよって事
生徒
それが何かいい事があるの?
安部
じゃあ、具体的に例を出すから見てみよう

画像

というようにトニックであるAmに戻るのにE7を使っていいよって事。つまりAmの前には無条件でE7使っていいよって事。他のKeyだとどうか?

  • Emだったらその前にはB7
  • Dmだったらその前にはA7

普通にダイアトニックで弾くとトニックに戻る時に弱く感じてしまうから5番目のコードをドミナントらしく変えちゃおうって事。なんとなく理解できたかな?

暗いんだけど明るい響き メロディックマイナー

メロディックマイナーっていう音階はさっきやったハーモニクスマイナーの6番目を半音上げた音階。と教本には書いてある。

原理はこう。ハーモニクスマイナーは7番目を半音あげたから6から1.5音離れてしまうから不自然な響きになってしまいます。なのでその不自然な響きを解消しようぜって事で6番目をあげちゃおうってなった訳。ちょっと音階を見てみましょうか?

  • ナチュラルマイナー  A,B,C,D,E,F,G,A
  • ハーモニクスマイナー A,B,C,D,E,F,G#,A
  • メロディックマイナー A,B,C,D,E,F#,G#,A
  • メジャー・スケール  A,B,C#,D,E,F#,G#,A

ハーモニクスマイナーの6番目を上げると覚えてもいいしメジャースケールの3番目だけ半音下げた音階とおぼえてもいいよね。

だからCのメロディックマイナーは

C,D,E♭,F,G,A,B,C となる。どう?こっちのほうがわかり易くない?

Gに行きたいD7が出てくる

このメロディックマイナーで出てくるのはⅣ7コード。つまりここではD7が出てきます。

D7っていうのはGに行きたくなるコードです。覚えていますか?Gって言うのはナチュラルマイナーでG7でしたよね?(Key=Cの所でお話した)だから普通に行くとD7→G7になってそのままCに行く流れができてしまいます。CはトニックなのでAmに交換できます。

まとめ

今回はスケールの話が出てきて難しかったですよね?弾き語りするのに必要な知識では無いからそっちは頭の片隅にでも置いておいてください。

3つのマイナ-は

  • Cと同じコードからできる(ナチュラルマイナー)
  • Amに戻りたくなるE7が使える(ハーモニクス・マイナー)
  • Gに行きたくなるD7が使える(メロディックマイナー)

Key=Amの場合使えるコードがKey=Cの時より増えます。

マイナーでもドミナント7コード(Ⅴ7)が使える。メロディックマイナーの方は中々考え方が難しいので最初はマイナーキーのトニックに向かうドミナント7コードも使える(E7)って事だけ覚えましょう。