ヒキカタリスト必須の5つのフォーム【Aフォーム】を覚えよう

Aフォームを覚えよう

AフォームはEフォームと同じように頻度が多いフォームであると言えます。

EフォームとAフォームだけ覚えたらあんまり困らないです。

Aフォームは5弦のルートでAのカタチです。
では見ていきましょう。

Rがルートの音ですので5弦の5フレットだったらD、7フレットだったらEと見ます。

メジャーコード

メジャーコード

メジャーコード

明るい響きのメジャーコード。

隣り合った3本をどう押さえるのかは
自由です。

今後出てくるsus4などの為に薬指
でセーハするのをオススメします。

6弦は押さえないのが基本ですが押さえてもコードの中の音なので問題ないです。

マイナーコード

マイナーコード

マイナーコード

暗い響きのマイナーコード。

カタチはEメジャーに似ています。
ですがこちらはマイナーコード。

ココらへんがごっちゃになりやすいので
注意しましょう。

Rの位置をしっかり考えて5弦にルートがあるからこうなるって意識すれば大丈夫。

メジャーセブンコード

メジャーセブン

メジャーセブン

明るくオシャレな響きのメジャーセブン。

バラードなどで大活躍。

Aフォームのメジャーセブンは個人的に
THE メジャーセブンのカタチ。

ボッサノヴァだと6弦も多様するので
指を6弦に添えていると吉。

3本の真ん中が半音下がっている事に注目!

セブンスコード

セブンスコード

セブンスコード

明るいんだけどドロドロしたコード。
セブンスは不安定な音。

ブルースやジャズで使用される。

真ん中の音が全音下がっている事に注目。
必ずルートの位置を意識しながら弾いてみよう

このフォームはカッティングでも良く出てくる
かな。

マイナーセブンコード

マイナーセブン

マイナーセブン

暗いけどオシャレな響きのマイナーセブン。

バラードでは切ない響きで涙が出てきます。
ファンクなカッティングでも良く出てくる。

人差し指のセーハーだけの状態から中指と薬指でハンマリングすると有名な曲になります。

スライドとの相性も良い便利なカタチ。

この曲のイントロはまさにこのカタチ。

う~ん、カッコイイ。

まとめ

5弦にルートがあるAフォームを紹介しました。

前回のEフォームと今回のAフォームで大抵の曲は弾けますね。

Eフォームのメジャーと、Aフォームのマイナーは始めたばかりの頃は
ごっちゃになりがちだったのを良く覚えています。

やっぱりルートの位置を意識するのがポイントなので
そこは注意して練習しましょう。