分数コードってマジで謎。その謎を解説します。

Cのコード

ギターを始めて一番最初に覚えるコードであろう『C』についてコードについてこんな疑問を持ってませんか?

コード譜を見て6弦を弾かないパターンと弾くパターンがあるの何でだろう?

Cのコード

ぼくは、めっちゃ疑問に思ってました。

『あれ?こっちは6弦弾くんだ?でもコードはCなんだよなぁ』って

思わないですか?
もちろん知っていればなんて事無いんですけどね。初心者の頃のぼくに向けて書きます。

分数コードのはじめの一歩

ズバリ、6弦開放を弾くとコードネームはConEになります。

CだけどベースはEを弾いてね。というあれです。

いわゆる分数コードっていう謎のワード。
見てみぬふりをしてませんか?ぼくは無視して上だけ弾いてました(笑)

でもそれでもいいんです。

だってEはベースが弾くんだから!!
そのまま弾いていて違和感無いしね。

でもせっかくだったら原理を知ってた方がスッキリするんじゃない?

まず疑問1 ベースになる音ってどんな音!?

ベースになるのは原則としてそのコードのコードトーンになります。

つまり転回型なんですね。
ちょっとだけ解説します。

Cコード(ド・ミ・ソ)で転回型を解説

まず第一のパターンは(ド・ミ・ソ)

次に第二のパターンは(ソ・ド・ミ)

次に第三のパターンは(ミ・ド・ソ)

 

わかりましたか?

第一のパターンは ConC

第二のパターンは  ConG

第三のパターンは  ConE

です。こんな感じで分数コードは決まっていきます。

何故分数コードを使うのか?

分数コードを使うメリットはベースの動きが滑らかになるからです。
その方が曲がかっこよく聞こえるんです。

これはベーシストに是非知ってほしい知識なのでベースの人にシェアしてあげてください。
これを知らないベーシストが本当に多い。

これを知っているだけでセンスの良いベースラインができるのに。。。

同じコードがループしている時とかに使える

Aメロなど二回続くような場合みんな同じことしているとなんとなく『ノッペリ』してきます。
それを2週目を分数コードにすることでなんとなくオシャレで聞いている人を飽きさせないアレンジができるようになります。

そこのチョイスはベースの人のセンスです。

やっぱり音楽理論がわかっていないと
アレンジするのは厳しいよね。

ちゃんと理解する為にはコードの理論がわかってないとダメだし、度数の概念がわかってないとわかりにくいかも知れません。

島田さやかさんのブログで度数に関してとてもわかりやすく説明されていたのでこちらを参考にしてくれると理解が早いかと思います。コチラです。

【音楽理論】<ギタリスト向け>
耳コピができるようになる!「ディグリー(度数)」とは

 

音楽理論、コード理論は難しくないです。
まだこのブログでは深く解説できてませんが今後、誰でもわかるようなブログにしていきますが良いアイデアやブログは積極的に紹介していきます。

その方があなたの為になるからです。

シェア、ブックマーク、イイネは大歓迎です。

まとめ

  • 分数コードは法則がある
  • コードトーンがベースにくる
  • 曲の流れをスムーズにする為の分数コード
  • 理解するためには音楽理論、コード理論が必要
  • ギターは上だけ弾いていても問題ない。

この記事は分数コードの謎にせまる内容になっていたと思います(笑)

そんな難しく考える必要ないんです。

もし今この内容が難しいと思ったあなたは是非FBページに『イイネ』してください。
定期的にギターのつまずきやすい所の記事をアップしてます。
それをかかさず見れるようになります。

そうじゃない人も『イイネ』してくれたら嬉しいです。シェアも大歓迎です。