ヒキカタリスト必須の5つのフォーム【Cフォーム】覚えよう。

Cフォームを覚えよう

Dフォームを使いやすく隣にずらしたフォームです。

使いやすいカタチがいっぱい出てきます。
このフォームを覚えるとあっちに行ったりこっちに行ったりしなくなるので
コードを押さえやすくなります。

例えばE♭って出てきた時にAフォームで弾くと人差し指が6フレットまで
行ってしまうけど、Cをフォームを使えれば人差し指は3フレットですみます。

歌いながらあっちに行ったりこっちに行ったりは大変です。

ではさっそく見てみましょう。

メジャーコード

メジャーコード

メジャーコード

明るい響きののメジャーコード。

ルートを5弦で弾きます。
真面目に弾こうとするとしんどいので
5弦のルートを省略して弾くことが多いです。

Aフォームのマイナーセブンに似ていると思ったあなたは素晴らしい。

そうです。同じ形です。
音も同じような作りになってます。

♭系のキーだといきなりE♭とかに行ってしまう事がたまにあるのでそういう時に使うといい感じです。

マイナーコード

マイナーコード

マイナーコード

暗い響きのマイナーコード。

このフォームは実践では使わないと言ってもいいでしょう。(笑)

だって押さえられないでしょ?

Aフォームのメジャーセブンが見えてきたら正解。 速弾きするギタリストがスィープピッキングでアルペジオ弾く時に使う事がある。

僕はそれくらいでしか使わない。

メジャーセブンコード

メジャーセブン

メジャーセブン

明るくオシャレなメジャーセブンコード。

このフォームは良く使います。
使いやすくするため5弦ルートは端折って弾く事が多いですね。

ルートは基本弾かなくっても平気だと覚えてください。 そうするとわかりづらくなってしまうけどそこは練習。

ジャズなんかルートもP5も弾かないので慣れないと頭痛くなります。

セブンスコード

セブンスコード1

セブンスコード1

明るいけど不安定なコード。

普通に考えるとこんなカタチになると思うけどちょっとカタチは調性してあげると

とっても使いやすいカタチになります。

※スイマセン、一弦が黒丸になってますが実際は1弦と6弦は弾きません(汗)

セブンスコード

セブンスコード

カッティング御用達のフォーム。
セブンスと言ったらこのフォーム。

これは必須ですね。

2弦のルートを一音上げるとよく知っているカタチになります。

マイナーセブンコード

マイナーセブン実践

マイナーセブン実践

暗くて切ないコード。

2弦のルートを弾くパターンもたまに使いますけど、実践でよく使うのはコッチ。

白抜きの○は弾かない。

ファンクなどカッティングでは非常によく出てくる。 むしろこのフォームしか知らなくてもそれなりに聞こえる(笑)

実際に使うのは♭3が半音下がっているフォーム。 その話はまた今度詳しくします。

アルペジオでも使い安い個人的にカッコイイフォーム。

まとめ 

Cフォームって中々意識しないと使わないんですよね。

自分も10年くらいほとんど使わなかったですから(汗)
でも知ってると知らないのとじゃ雲泥の差になります。

便利な使いやすいカタチが多いのが特徴ですが、実践では低音弦は
弾かないってパターンが多いため初心者には混乱してしまうかもしれません。

やっぱり構成音をしっかり意識して弾く事が上達の鍵です。

頑張りましょう。