コードの性格を決める『3度』を紹介。自分で作る和音の第一歩

前回はルートとそれを支える『5度』のお話をしました。
どうだったでしょうか?

前回の記事はコチラ 『ルートの補佐官『5度』を紹介。自分で作る和音の第1歩』

今回の記事はいよいよコードの基本が完成します。
ついてきてください。

コードの性格を決める『3度』をご紹介

今回は6弦の開放弦である『E』、と5弦の開放弦の『A』を中心にお話します。

では、前回のやった『ルート』+『5度』のフォームをおさらいしましょう。

ルート+5度のフォーム

1+5

です。○がルートです。

ここで一つ補足させてください。『5度』を英語で言うと『5th』といいます。
読み方は『フィフス』です。

そこからどんどん音を足しますよ。

ルートの1オクターブ上のルートを足します。

3本弾くけど2音と考える

弾く音は3つになりましたが、ルートが2つと『5度』ですので音はパワーコードそのもの。
なのでまだ2和音となります。

ここから主役を追加していきます。

『3度』を足すと性格が現れる

『5度』と言ったらこのフォームと教えましたが『3度』は二種類あるから先にその説明を。

『3度』はコードの性格を決める効能がある。具体的には

  • 明るくて元気な『長3度』
  • 暗いくてドヨ~ンとしている『短3度』

こちらも英語で言うと
『長3度』は『M3rd』 読み方は『メジャーサード』
『短3度』は『m3rd』 読み方は『マイナーサード』

と言います。大文字は明るい、小文字は暗いと覚えましょう。

長3度を使用したコードフォーム

EのM3rdを足したコードとAとのM3rdを足したコードを載せてみました。

どうでしょうか?

あれ!?

なんか変?

気が付きましたか? コードフォーム的には知っているカタチだと思いますが
ここを理解できていない為にその後の理解が遅れてしまうケースがほとんどなので聞いてくださいね。

2弦のチューニングは他の弦より半音低く合わせる

そのせいで同じカタチになるハズなのに2弦が絡むとずれるんです。

大事なのでもう一度大きく書きますよ。

同じカタチになるハズだったのにズレる

ここを理解できるとスムーズに覚えられます。
もし違和感が強いならチャンスです。時間がかかって覚えるほど自分の力になりやすいですから。

短3度を使用したコードフォーム

ちょっと見にくくてごめんなさい。
まだ使いこなせてないのであなたの想像力に頼ってしまいます(汗)

赤丸の上の弦が『m3rd』です。このコードは暗いコードでそれぞれ『Em』『Am』と言います。
このソフトだと『♭3』と書いてますがそれが『m3rd』です。

今日の知識を応用すると前回使用したコード進行が簡単に弾けます。

やってみましょう。

今日覚えたフォームを使ってずらしながら弾いてみよう

前半のコード進行のルートの動きは5弦の3F→6弦の1F→6弦の3Fです。

となります。どうでしょうか?

前半はメジャーコードのみなのでわかりやすいと思います。

後半はマイナーコードが出て来るので注意。

※Gの7って書いてあるのですが7はシカトして普通にGとして弾きます

です。理解できたら弾いてみて納得してください。

コードを覚えるのはパズルみたいな感覚で覚えられるようになるので是非頑張ってください。

あとがき

どうしたか?今回の記事は『3度』を追加して自分でコードを作る基本ができましたね。

みんなが挫折しがちなFもセーハーしないから感覚的にはやりやすいでしょ?

ポイントは

  • 4本弾いてるけど3和音
  • 2弦は他の弦とチューニングが違うからズレる
  • メジャー3rd は明るい音
  • マイナー3rd は暗い音
  • メジャー3rdの隣にマイナー3rdがある

です。

ここまでの内容を自分の中に落とし込めたら
とりあえず弾き語りできるでしょう。

しかしまだまだすっ飛ばして解説している事がいっぱいなのでその補足はおいおいしていきます。

このブログはあんまりコードを自分で作る事に苦手意識を持ってほしくないので簡単でいいからおおざっぱに理解してもらう事を目標に書いています。