コードを見てどんな音だかイメージできるようにする方法

コードのイメージをつけよう

ギター練習してますか?

ミュージックテラー安部です。

譜面をみてると上にアルファベットがふって
あるの見たことあると思います。

今回はそのアルファベットを解説します。

アルファベットはコードの基準と正確をしめすもの

 アルファベットの意味とは?

 あのアルファベットは音階名を示しています。
音階名とは
『ドレミファソラシド』の事です。

ギター弾いてると『ドレミファソラシド』って
まず使わないんですよね。

使う習慣がないのでパッと出てこない時が
あるくらいですが。
一応解説します。

  •  ドはC
  • レはD
  • ミはE
  • ファはF
  • ソはG
  • ラはA
  • シはB

に対応します。
なのでCって書いてあったら”のコード

Fって書いてあったらファ”のコードですよ
って事ですね。

小文字の『m』の正体

CmとかDmとか
いわゆる、『大文字』+『小文字の”m”』です
それはどう違うのかと言うと和音の性格を示してます。

明るいキャラクターなのか?
それとも暗いキャラクターなのか?
一つの楽曲の中で和音が変わっていくが
明るいか暗いのかを楽譜に示してあるんですね。
『C』は明るい”のコード
『Cm』は暗い”のコード
どちらも”ド”のコードですが明るいと
暗いを明確に分けられてますね。

そろそろ難しくなってきます。
説明が💦

大変ですが、頑張りましょう。

オシャレ大好き『7』 は4和音

さっきまでは3和音でしたが
次にみるのは4和音です。
CM7とかDm7とかの『7』という数字です

『いきなり数字出てきて覚えられないよ!』

って声が聞こえてきます。

『7』が絡む単純なもので

○M7,○m7,○7,とあります。

ここでは、解説しませんが○mM7と言うのもあります。

大文字の『M』、小文字の『m』、何もつかない
パターンがあります。
先ほど説明した明るいか暗い
のキャラクターの話ですがここは単純です。
 何もつかない場合は明るいでしたが、
大文字の『M』も明るいです。
 なぜ使い分けるのかは次の
『7』の影響です。
コイツも明るいとか暗いとか
があります。
違いは仲良くなった時に
見せる顔が実は違うみたいな人いる
じゃないですか?
そういうイメージです。では解説します。

クラスの人気者の『M7』

『○M7』(メジャーセブン)は
大文字なんで明るい。
裏表のない明るいヤツ。
クラスの人気者のイメージ。

ワイワイ楽しんでるのに『静かに!』
って言っちゃうタイプ。『m7』

『○m7』(マイナーセブン)は
小文字なんで暗い。

表裏のない暗いやつ。
なんか真面目でクラスみんなが
ワイワイ楽しんでるのに『静かに!』
って言っちゃうタイプ

猫かぶります『7』

『○7』は何もつかないので明るい。

明るいんだけど、実は裏でコソコソ
やってる。猫かぶっているヤツ。

裏では友達をパシリにして、
好きな男子の前では
キャピキャピしてる。
そんなイメージ。

詳しい話は別の記事を書きますが、
そんなイメージを持って楽譜みたら
凄い親しみが持てるんじゃないでしょうか?

楽譜はまず苦手意識を持たない事が大切です。

苦手意識さえなければすぐに読めるようになりますよ

一緒に頑張りましょう。