ヒキカタリスト必須の5つのフォーム【Dフォーム】を覚えよう

Dフォームを覚えよう

Eフォームの隣にあるDフォーム。

開放弦のDのカタチ。
このフォームと今度やるCフォームを覚えると
ヒキカタリストとしてもギタリストとしても1ランクアップできます。

コードとして使う頻度はそれほど多くないですが
4本だけ鳴らすのでベースと音が別れてバンドアンサンブル的には
便利な押さえ方です。

メジャーコード

メジャーコード

メジャーコード

メジャーコードは明るい響き。

開放弦を使用しないと正直押さえるのがしんどい。たまにアルペジオで使うくらい。

実践ではあまり使わないかな。
5弦は弾いてもいいし弾かなくてもいい。

やってみたらわかるけど、押さえるのしんどい(笑) 僕は手が小さいので7フレットより上でしか使わない。

マイナーコード

マイナーコード

マイナーコード

暗い響きのマイナーコード。

こっちの方がまだ使いやすい。
実践では中々使いにくいけど
アドリブとかしたかったら必須のフォーム。

今後出てくるadd9とかでは使いやすくなる。

アルペジオとか7フレット以降で使うとカッコイイ。

メジャーセブンコード

メジャーセブンコード

メジャーセブンコード

オシャレな響きのコード。

このフォームは非常に良く出てきます。

カッティング、アルペジオなんでもこい。
上の3本だけ弾く事も結構あります。

ちょっと小洒落た感じになります。

押弦はルートを人差し指。
残りを薬指でお願いします。

セブンスコード

セブンスコード

セブンスコード

明るいんだけど、ちょっとドロドロした音。

このフォームも大変よく出てきます。

Aフォームのメジャーセブンのようなカタチだけど音は全然違うので注意!

やっぱりサウンド的にカッティングが向いてるかな。

マイナーセブンコード

マイナーセブン

マイナーセブン

暗くて切ないサウンド。

コードとしてこのフォームを使うのは稀。
ただし、トップノートを意識してボイシングを
作る時には必須。

アドリブなどギターソロを弾く人は
ペンタトニックスケールのカタチが見えてくるんではないでしょうか?

まとめ

良くでてくるのはメジャーセブンとセブンスくらい。

あとは開放弦使えたりしないと押さえるのが面倒くさい。

自分がステップアップしてきたらトップノートとか意識して弾くことも
出て来るからその時はこのカタチを利用するとカッコよく弾ける。

基本的に4本だけしか弾かないのでバンドで弾き機会がある時は
ベースに埋もれない響きが得られます。