絶対音感が無くても音を探す方法

以前の記事で音階名は英語で言いましょうといいました。

以前の記事はこちら  ギターの弾き語りをしたいと思ったら音階名を英語で読もう

英語で言っても日本語で言っても『C』は『C』です。
これを絶対音と言います。

絶対音感と言うのを聞いた事がありますか?
良く勘違いされがちなので説明します。

絶対音を感じる力がある事を絶対音感といいます。

『は?何の事かさっぱりなんですけど?』

と言われそうですが、絶対音感は絶対に音を外さない能力では必ずしも無いという事。

そもそも絶対音感とは何か? Wikipediaさんはこうおっしゃってます。

絶対音感(ぜったいおんかん、英語:perfect pitch)は、ある音(純音および楽音)を単独に聴いたときに、その音の高さ(音高)を記憶に基づいて絶対的に認識する能力である。

Wikipediaより引用

一部抜粋しました。
書いてあるでしょ? パーフェクトピッチって
音階が体に身についているんですよ。だから完璧に音を取れる場合が多いんです。

どんな音でもね。

この能力は幼少期から楽器に触れていて言葉と同じレベルで音の高さを認識してこれたから身につく能力であって我々一般人がこれからどうこうなる問題ではありません。

ちなみに僕は絶対音感は絶対ありません。だって雨音とかドレミで聞こえないし(汗)

ですがそれとは対照的に後天的に身につく音感も存在します。
それは『相対音感』と言います。

ギタリストに一番必要な能力は相対音感

相対音感は音と音の距離を図れる能力とも言えます。

例えばあなたは1mくらい前に進んでくださいと言われて”だいたいこれくらい”とわかるでしょう。そういう感覚です。でも壁にたってさっきいた位置はどれくらいって言われてもわからないでしょう。そういう違いだと思っていいです。

その能力はギターを弾いている人間なら誰でも身につく能力であり
ギターを演奏する上でこの能力は欠かすことのできない能力です。

音楽は必ず1音以上で構成されています。単音のメロディも今発している音と次の音がありその距離はやっていけば感覚でわかっていきます。

ですから、耳コピーといって譜面がなくても曲を弾くことができるんですよね。

自分は比較的苦手な方です。それでも1曲とるのに半日とかいらないです。
何故できるか? 1個の音何の音が基準になっているか基準を決められれば、使われる音は予想できるようになるから。と言っても素人は一オクターブ12個の音から選ぶのに対して半分くらいになるだけですが。

耳コピができない人は一オクターブのうち12個から選ぼうとしているから無理が生じるんです。

それは僕にも無理です。っていうかやりたくない(笑)

まずは7つの音をチョイスしましょう。
その後はその曲で使われるコードをチョイスします。

その為には度数とダイアトニックコードの考えが必要です。

度数は音の距離

度数は音から音の距離です。ある一点の音を決めてからどれくらい離れているかを考える。

度数

なのでEなら3、Bなら7という感じに表現します。
ちなみに音がどれだけ離れていようとCに対してEなら3だし、Bなら7です。下でも一緒。

D度数

 

こういう事です。便利なんですよね。必ずこのモノサシ(メジャースケールといいます)を基準に言うようにするといいです。
1→4→5→1って言われて何の音弾いているかわからなくても何を弾くかわかりますよね。

これを度数といいます。

赤丸からどれくらい離れているか?です。ギターだとどれくら離れているかは指板上のカタチで把握できます。

そしてその音を(メジャースケール)使ってコードを作っていく。それがダイアトニックコードです。

 

ダイアトニックは全部同じカタチ

1M、2m、3m、4M、5M、6m、7m-5

となり
それはルートが変わってもこの基本はかわりません

ルートがCなら

C、Dm、Em、F、G、Am、Bm-5 ですし

ルートがDなら

D,Em,F#m,G#m,A,Bm,C#m-5 となります。

これがダイアトニックコードといいます。

これを覚えると何でこのコード使っているんだろ?って疑問がなくなっていきますよ。

あとがき

最後畳み掛けるように説明してしまいましたが
度数とダイアトニックコードについての説明しました。

度数は絶対的なものではなくルートからどれくらい離れているかを示す指標である。

ダイアトニックコードはドレミファ~から作られるコードの事です。

詳しくは個別に解説したいと思います、今回はこういうものがあるんだって事を理解してもらえると嬉しいです。