dim恐怖症を克服しよう。

今日も元気に弾き語ってますか?

バラードなどによく出てくるコードの○dimですが押さえられますか?

『そりゃ、コード表見て調べたら弾けるよ。』

って言われるとこの記事が終了になってしまうのですが(笑)
今日はdimをしっかり理解して簡単な押さえ方を考えましょう。

恐怖のディミニッシュは恐れるに足りない。

まず、dimとその他のコードの違いはなんでしょうか?

明確な定義があるわけではないですが、このコードって

『単品では意味がないコード』になります。
どうやって押さえるの?って思う人いっぱいいます。

押さえ方がちょっと特殊なのでイマイチ不安になります。

そこでコードネームを見てdimが押さえられるコツを教えます。

dimの構成音

まずは構成音から

  • ルート
  • マイナー3度
  • ♭5度
  • 6度

です。

インターバル(音と音の距離)が1.5音ずつのコードです。

『知ってるよ。だから押さえる時パッと押さえられないから困ってるんだよ。』

ですよね?
だから、自分がdimって見た時何を考えているか?それは...

半音下のセブンスコード

って考えています。

初見で弾き語りする時とかdim見るとそう考えてますし、そうやって弾きます。

ここ大事なんでまた大きくしますけど

dimは半音下のセブンスコードのルートを半音上げたカタチです。

実際に押さえ方を見てもらった方がわかりやすいですね。

dim押さえ方

dim押さえ方

ルートだけ半音上がっているのわかりますか?

つまり半音下のセブンスコードの代理に出てきているわけです。
なので代理コードの元のコードを意識して弾けば覚えるのも簡単です。

このdimは経過音として使われる事が多いので大体ベースが半音で上がっていく時とか
にベースは上がっているけどギターはセブンスコードのまま弾いてね。

って意味でこのコードを表記する事が自分は多いです。

『ここ一応dimって書いてあるけどセブンスだから』って

だからこれで慣れてきたら本格的にdimとして使うようにすればいいんじゃないかな。

あとがき

半音下のセブンスコードのルートを半音上げるとdimになる。

こうやって考えればそんなに難しくないでしょ?

コードはパズルみたいなもの。
簡単に考える方法を知っていれば怖くないです。

参考になったら嬉しいです。