ヒキカタリスト必須の5つのフォーム【Eフォーム】を覚えよう

Eフォームを覚えよう

Eフォームは一番使う頻度が多いフォームであると言えます。

僕が説明するように多くの教本は6弦、5弦をルートに持つフォームくらい
から解説し始めます。

ですのでこのEフォームはヒキカタリストにとってとっても大事なフォームである
と言えます。

では見ていきましょう。

Rがルートの音ですので6弦の5フレットだったらA、7フレットだったらBと見ます。

メジャーコード

メジャーコード

メジャーコード

明るい響きのメジャーコード

Fのカタチでお馴染みですね。

人差し指でセーハしたり親指を
使って押さえる人もいます。

僕は女子並に手が小さいので
親指使えませんけど。

マイナーコード

マイナーコード

マイナーコード

暗い響きのマイナーコード

中指の△3を離すとマイナーになります。

C→Cmとかの進行だったらCmの押さえ方に
合わせてCを弾くと難しくなくなります。

白抜きの丸はどの音が変化しているか
わかりやすいように残してあります。

実際には押さえませんのでご注意を!

メジャーセブンコード

メジャーセブン

メジャーセブンコード

オシャレな響きのメジャーセブン

Rを半音下げるとメジャーセブンになります。

ジャズなどによく使われる響きで
6弦ルートのEフォームは実際には
あまり使われない。

この場合は6弦と4弦、3弦の3本
のみ使う事が多い。

メジャーセブン

メジャーセブン

実際によく使われるフォームはこちら

カッティングでもアルペジオでも相性の

良いフォーム。

みんなが挫折しがちなFは指3本で
押さえられる。

個人的にカッティングで良く使用します。

セブンスコード

セブンスコード

セブンスコード

明るい響きの中にドロドロしたもの
を感じるコード。

Rの音を全音(半音2つ分)下げる。

Fの場合、小指を離すとセブンスになる。

ジャズやブルースなどに使われるが
ポップスなどのアクセントに使われる。

マイナーセブンコード

マイナーセブン

マイナーセブン

暗いんだけどオシャレな響き。

Fの場合は中指と小指を離すと
できるコード。

バラードなどで大活躍。

実際は高音側の4本のみ弾く事もよくある。

まとめ

Eフォームの主要なコードを紹介しました。

こうやって覚えると忘れないし、間違わない。

アレンジも自分でできるようになります。