ヒキカタリストは必ずマスターしたい5つのカタチ

これが基本『5つのコードフォーム』

ヒキカタリストとして最初に覚えたのは開放弦を絡めたコードですよね?

代表的なメジャーコードだと

例えば、C、D、E、A、G などです。

5form

5つのコードフォーム

画像にある通りそれぞれ開放弦のフォームから名前をとり
Aフォーム、Gフォーム、Eフォーム、Dフォーム、Cフォームとなります。

使用頻度として一番多いのはEフォーム、Aフォーム。
理由は6弦と5弦にルートがある為覚えやすいからです。

まず、基本となるEフォーム、Aフォームから覚えていくと

コードネームを見て作るのに困らないでしょう。

コードを覚える際にはどこの音が下がったからマイナーになった。
というように、このフォームを基準に考えると理解がぐっと深まります。

これらのフォームで主要なコードのパターンを考えられるようになりましょう。

主なコードの種類トライアド編(ルートがCの場合)

  1. C    (Cメジャー)
  2. Cm   (Cマイナー)
  3. Cm-5  (Cマイナーフラットフィフス)*
  4. Cdim   (Cディミニッシュ)*

主なコードの種類テトラッド編(ルートがCの場合)

  1. CM7    (Cメジャーセブン)
  2. Cm7    (Cマイナーセブン)
  3. C7     (Cセブン)
  4. Cm7-5  (Cマイナーセブン・フラットフィフス)*
  5. Cdim7   (Cディミニッシュセブン)*

*は理解しやすくする為に最初は省きます。

この名前を見てパッとフォームが思い浮かばない
そんなあなたでも大丈夫!!

コードを作るのはパズルみたなモノ

何か新しくモノを覚える時は基本を学んでそれらに紐を付けながら覚えていくと
理解が早いし自分の血と肉になります。

各コードのパターンを全部覚えるのは正直しんどい。

しっかり説明する為には専門用語を使用しないといけませんが
そこらへんはコードフォームを作れればよいという段階として
書かせていただきます。

それぞれのフォームを見てみる

それぞれのフォームは隣あっているのでどのフォームが隣にあるのか
イメージできるといいですね。

Eメジャーでの5つのフォーム

Eメジャーでの5つのフォーム