ヒキカタリスト必須の5つのフォーム【Gフォーム】覚えよう

Gフォームを覚えよう

Aフォームの隣のフォームがGフォームです。

Gフォームは中々実践では使いづらいので
頭の片隅においておくくらいの感覚でいいです。

全部の弦を弾かないければ実際に使いやすいフォームに
なったりするのですが、今回は考え方を理解して欲しいので
使えないフォームも紹介します。

では見てみましょう。

メジャーコード

メジャーコード

メジャーコード

明るい響きのコードです。

開放弦を使ったGのフォームです。
6弦にルートがありますが実践で
使うなら3弦ルートとして覚えると
いいでしょう。

このフォームをちゃんと押さえるのは結構
キツイです。

マイナーコード

マイナーコード

マイナーコード

暗い響きのマイナーコード。

△3を半音下げて作ります。

同じコード内に△3が2つあった場合は
両方下げるか一つしか弾かないようにしましょう。

この画像だと1弦と6弦は弾かないようにします。 じゃないと押さえられないので。

メジャーセブンコード

メジャーセブンコード

メジャーセブンコード

明るくオシャレなコード。

ルートを半音さげます。

3弦のルートを半音下げてもいいですが
それだとAフォームに近くなってしまうので1弦のルートを半音下げました。

Gフォーム全般に言える事ですが
5弦は弾かなくってもいいかな。

弾かなくてもいいので考え方だけ覚えてください。

セブンスコード

セブンスコード

セブンスコード

明るいけど不安定なコード。

ルートを全音さげたカタチ
このカタチは結構使いますね。

4弦から弾くパターンで覚えている人も多い
でしょう。

ちなみにそのまま、もう半音下げると
シックス、もう半音下げるとaugになります。

それはまたの機会に。

マイナーセブンコード

マイナーセブン

マイナーセブン

暗いけど切ないコード。

さっきのセブンスコードの△3を半音下げたカタチ。

このフォームも結構使うかな。

カッティングすると結構カッコイイと個人的に
お気に入りです。

これもペンタトニックスケールが見えてきますね。

まとめ

Gフォームって普段は中々意識しないですが
ひとつのコードから紐つけて覚える事で自分
で和音が作れるようになります。

何をやるにしても関連付けして学んでいくと
記憶につきやすいので頑張りましょう。