ネットに自分の動画をあげたいけど恥ずかしいって思っているあなたへ

以前の記事で個人で活用する為にはネットをフル活用しようとお話しました。

こちらです→ ヒキカタリストはネットをフル活用するべし!! 

今の世の中はfacebookやYOUTUBEやInstagramやTwitterで自分の声を拡散できる時代。
一昔前は想像すらできませんでした。

便利な反面、全世界に見られるかも?という可能性にビビってしまいがちです。

でもそれは本当にもったいない。

ギターも下手、歌も下手だし。
こんな中途半端でUPできないと思っているのは何故ですか?

今回はそんな大事な『最初の一歩を踏み出せないでいるあなた』へ覚えて欲しい内容です。

恐怖!?ネガティブなコメントの対象法

もしかしてあなたが恐れているのはネガコメ(誹謗中傷などのコメント)ではないでしょうか?

最初に大事な事ですが『本当にやばいの来たらスルーしましょう』これに限ります。

とくに学生さん、社会人さんは友人に見られたら恥ずかしいって思うかも知れません。
そういう場合はメインのアカウントと別に裏のアカウントを作りましょう。

それをヒキカタリストとして活動する専用アカウントにするのです。

それでも、『下手くそ』『もうちょっと、ちゃんと弾こうぜ』『やる気あるの?』『〇〇に謝って!』
など心無いコメントがつくこともあります。

YOUTUBEなんかはコメントを承認制にできるのでそうすればいいです。

ですがその他の媒体は心無いコメントがつく事があります。
実はこの記事を書くきっかけがまさにその手の類のコメントを受けて書き始めたものです。

『みんな真面目にやってるんだからもう少しちゃんと弾いたら?』

みたいな内容でした。

弾き語りをみんなで公開して意見交換したりする場所で自分もブログの記事とかアップしていたり他の方にコメントして楽しんでたのですが、いきなりそんなコメントもらって少し悲しくなりました。

こういうコメントにもしあなたがビビってるんなら勿体無いです。

僕は昔散々炎上していたのでこれくらい何とも思わなかったんですけど(笑)

もし、あのコメントを見て

『あぁ、自分はまだまだ動画とかあげちゃいけないんだ…』

って思う人がいるんじゃないか!?
それが一番悲しかったです。みんな

僕は気にしないけど気にする人は気にしてしまうんです。

そこでこれからヒキカタリストを目指すあなたに

ネガティブなコメントにスマートに対応する5つのコツ

『ネガティブなコメントだろうとコメントをもらった事に感謝しましょう。』

忙しい中わざわざコメントくれたんですよ?
本当に嫌いならいちいち構ってくれない。

『悔しいとか恥ずかしい。そんな気持ちがあなたを成長させる』

悔しいって思った瞬間があなたの成長を促進させます。
僕はこうやってブログ書いてます。
あ、これブログの記事にできるじゃん!!って感じ

『相手はそんなにあなたを嫌いな訳じゃない』

文章って書いた人の気持ちが必ず相手に届くわけではないんです。これを理解しましょう。相手がどう思って書いたかはわからない。
文章でうまく表現できない人かもしれないだけってパターンはいっぱいあります。
先日友人とラインしている時に上手く伝えるにはどうしたらいいか本気で悩んで結局言いたい事が最初伝わらなかったですから。

『どうしてもイライラしてしまったら』

目をつぶって深呼吸しましょう。おへそあたりを意識して10回もすれば自然と怒りが静まります。これ本当!  腹式呼吸の6つのコツとは?
この怒りを腹式呼吸の練習についやすのはどう?

『相手の幸せを祈りましょう。』

怪しい自己啓発本に買いてありました(汗)
でも、これで本当にイライラが消えていくんです。

僕は自分の父親の幸せをいつも祈っています(笑)

日本人は完璧主義

完璧にしないと発表できないと思うのは日本人の悪い所です。
でもそうなってしまうのはしょうがない。学校でそうやって教えられてきたから。
だったら完璧とか自分が自信をもって発表できるまでっていつですか?

僕は全然完璧なんて思ってないけど自分がやりたい事からやるようにしてます。

あとがき

今回、こういうコメント頂けて本気でありがとうと言いたいです。
この記事を読んで

悩んでいるのバカバカしいって思って最初の一歩を踏み出せる人が一人でもいたならそれだけで幸せです。

イラってしたらそのエネルギーを違う所に向けた方が建設的。

僕はそう思うようにしてます。

ネガコメ来た!!やったー、この怒り何に使おうか?みたいに生きましょう。
その方が100倍楽しいから。