トライアドに始まりトライアドに終わる。全ての基本が詰まってます。

コードの基本は3つの種類の音が重なってできる事です。

その3つとは

  • ルート (和音の根っこの音)
  • 5度  (ルートを支える音)
  • 3度  (和音の性格を決める音)

である事は前回までの記事で書きました。前回までの記事はコチラ

  1. ルートについての記事  ギターを弾き語りしたいと思ったら音階名を英語で読もう
  2. 5度についての記事  ルートの補佐官『5度』を紹介。自分で作る和音の第1歩
  3. 3度についての記事  コードの性格を決める『3度』を紹介。自分で作る和音の第一歩

わからなくなったら振り返ってみてください。

ではそれらのおさらいを含めて掘り下げていきたいと思います。

何にでも活躍するトライアドは3つのカタチ

3和音の事をトライアドと呼びます。前回までにお話しました3つの音がそれにあたります。
ドライアドは弾き語りするのも作曲するにもアドリブするにも大事です。

一番大事だと言ってしまってもいいくらい。それくらい大事。

ルートを『C』だとすると3度は『E』、5度はGになります。その組み合わせはどの順番でもコードのサウンドは変わらないといいました。順番を変えると分数コードとかオンコードとか言います。  分数コードの記事はコチラから 分数コードってマジで謎。その謎を解説します。

わかりやすいように4弦、3弦、2弦の音階と一緒に見てみましょう。

Cのトライアド3ポジション

Cのトライアド

どのポジションも『C』と『E』と『G』である事がわかるでしょう。
どれもCのコードです。響きはどれも一緒です。ではどうやって使い分けるのか?

基本的に和音は動かない方が綺麗ですし歌や他のメロディーの邪魔をしないですみます。
なので基本は前後のコードとの繋がりでなるべく動かないポジションを使用する。です。

ではスリーコードで見てみましょう。

スリーコードは『C』と『F』と『G』ですね。(keyがCの場合)

Fのトライアド3ポジション

Fのパターン

Gのトライアド3ポジション

Gのトライアド

どうでしょうか?色んな弦をルートにするパターンを覚えるのも大事ですがトライアドを一番理解しやすいパターンだと考えているのでこのパターンから覚えるのはオススメです

今回は深く紹介しませんが、アドリブをやりたい時にスケールを一生懸命に覚えなきゃいけないと思っている人は沢山いますがこのパターンをしっかり身についていればコードに合ったフレーズが勝手に弾けるようになります。

少なくともバーって速く弾いて落ち着く音を手探りで着地しようとしている人にはまず知ってほしい知識ですね。(昔の自分がまさにそうでした(笑))

その話は別の記事で書かせて頂きます。

イイネしてもらえると元気になりますし、その記事ももれなく見れるようになります。

あとがき

今回の記事はトライアドについてスリーコードの3パターンを紹介しました。
この記事の内容を理解してもらうと

  • バンド演奏
  • 弾き語りでカポをする時
  • ソロを作る時
  • 作曲する時

など様々な場所であなたの役に立ちます。

難しかったらいつでも以前の記事を読んでおさらいしてください。
それでも難しい所があったらお気軽に質問してくださいね。