ギターボーカルのギターの音作りのコツ

普段は弾き語りをしているけどバンドでギター・ボーカルとして歌いながら弾く事もあるかもしれません。

以前ミキサーまわりの音作りについて解説しました。

歌の音作りとバランスはそちらを参照してください。

バンドでスタジオ入ったら周りの音で自分の声が聞こえない!
普段はアコギを弾いて歌っているヒキカタリストのあなた!! バンドでギター弾きながら歌ってと頼まれていざ弾いてみて何か違う。とお悩みじゃないですか? 例えば 周りの音で自分の歌が聞こえない ...

今回はエレキギターのセッティングです。

ボーカルのエレキギターの音作りは何が違うの?

3ピースバンドでやっているのでんなければ、メインのリードギターがいる場合があるでしょう。まぁ、基本はどっちも一緒なのでとにかくこれだけは意識して欲しい事があります。

ギターは脇役である

ギタリストはバンドの華ですよね?

それに憧れてギターを弾き始めたのは何を隠そうこの僕です。

でもどんなに目立つギタリストも歌もののバンドでは歌が主役でギターは引き立て約に徹するべきだと思います。

たまにみんな目立とうとしておかしくなっているバンドさんを見かけるとボーカルが可哀想だなぁってなります(汗)

主役はボーカリスト

主役はあなたです。

ギターはオマケです。それだけはキモに命じてください。ですのでボーカルより目立たない音作りを心がける必要があります。

『そもそも目立つ音目立たない音ってどんな音?』ってあなたは思うかもしれませんね。ですのでまずは一番大事なそこから解説します。

ギターの音作りは一人では完結しない

ボーカルはどんなにハイトーンのボーカルであろうと楽器からみたら高音域は出ません。

逆に低音域はベースやバスドラムなどには敵うはずありません。

それぞれ得意な所があるのでそこは他の楽器は空けておかないといけません。

ギターやキーボーディストと違いリズム隊の音域は限られています。リズム隊と歌だけで歌った時には歌が聞こえなくなる事は無いでしょう。ですが、ギターとキーボーディストは何も考えなかったらまず音がかぶります。

ライブの時はPAさんが考慮して調性してくれますが、音域かぶっているって事を意識するだけで全然音作りの方向が変わってきます。

あんまりBASSをあげない

ドンシャリサウンドといって低音と高音をガッツリ上げてミドルは下げるようなセッティングありますよね?あれはギターは目立つし歌の音域もかぶらないので良いサウンドメイキングですね。

ただし、BASSの美味しい所は殺してしまうのでベースが聞こえないとかベースが音大きくするとギターの低音が聞こえなくなってシャリシャリの部分しか聞こえなくなるというジレンマがおきます。ギターでドンシャリにしたかったらベース側の音作りを工夫してあげないとダメです。

低音はベースとの兼ね合いが大事

あんまりミドルは下げない

ミドルは確かにボーカルとかぶる音域ですがギターの美味しい所でもあります。

あんまり下げるとコシのない音になります。

低音の話でも書いたようにミドルを下げすぎるとバンドで演奏した時に高音しか聞こえない

ので全く迫力の無い音になってしまいがちです。

ミドルの下げすぎはギターの美味しいところを奪う。

じゃあ高音下げればいいの?

ってなりますよね(汗)

まぁ、そういう事になるんですけどアンプのイコライザーでTREBLEを下げてしまうとモコモコしてしまいます。

ぶっちゃけボーカルより音量上げなければ問題ない話なんですけどギター弾いているんだから目立ちたいですよね?

そこで今日から簡単にできる方法があります。

イコライジングと音量調整はギター本体でできる

ギターピックアップ位置ギターの本体にボリュームとトーンってありますよね?

トーンは無い事もありますが(汗)

基本的にはボリュームを絞ると高音も同時に削られていきます。

その性質を利用してあげます。歌と一緒になっている所はギターのボリュームを7くらいにしてあげます。イントロやメインのメロディーが無い所はボリュームを10にする。それだけで解決します。

8割くらいのギタリストは使っていないこの方法ですが、使いこなせば間違いなく1ランク上のギタリストになる事でしょう。

出しゃばらない事でみんなにメリットがある

初心者に陥りがちなミスとして多いのが『音聞こえないなぁ、音量上げるか。』って音量を足す方向に行きがちです。

音量を調整する時はまずリズム隊だけでバランスをとってから上モノであるギターとか音量を決めるべきです。

ボーカルの声が小さい時はそこにリズム隊が合わせて、さらにそれに上モノが音をあわせる。

ギターは目立ったり目立たない方が良かったりする事がありますからボリューム調整は是非マスターしましょう。

大体ギターの音量がでかすぎる事がほとんどです(笑)

ジャイアンのリサイタル状態のギタリスト本当に多いですので注意しましょう。ジャイアンには誰も文句言えないですから。ジャイアンよ、空気読んでくれ(汗)

ギター本体のボリュームは少し絞るだけでも全然違います。それをするだけでみんなの美味しい所が引き立ちますから。

アンプの目の前には立つな

音量がでかすぎる人に共通するのはアンプの目の前1メートル以内で弾いている人です。近くに立ちすぎると自分で出している音が聞き取りずらくなります。

アンプの中心から必ず離れて音を調節しましょう。音っていうのは部屋の壁や天井に反射してから耳に届きます。もっと言えばスピーカーの裏からも音は出ています。

なるべく離れてアンプの目の前は避けて立ちましょう。

ボーカルも立ち位置を少し変えるだけで音の聞こえ方は全然変わってきます。ベストな立ち位置を見つけましょう。

音を作ったらバンドアンサンブルを考えよう

ギターが二人いる場合はお互いにぶつかりまくるのでフレーズをバラしてあげたり、あえて同じくらいの音域で弾く。リズムパターンを変えてみる、もしくは弾かないか。

バンドでやる時やギターが二人の場合は音量とトーンをコントロールしてあげると幸せになれます。

エレキギターならフロントピックアップにすると必然的に柔らかい音色になります。僕は初心者の時にフロントピックアップはギターソロの時に使うもんだと思ってました。

レスポールやSGのセレクターにはちゃんと『トレブル』『リズム』って書いてあるんですよね。これ逆じゃね?って思ってたのは内緒です。

あとがき

実は音作りって足し算では無く引き算で考えていた方がまとまるんですよね。デザインとか写真とかもごちゃごちゃしているとかっこ悪いですもんね(汗)

今日はエレキギターのボリュームをもっと使おうぜって話をしました。ギターのボリュームって音量だけではなく音色も変わるんです。これがうまくバンドで引き算する方法です。