ヒキカタリストの活動はスマホを活用するべし

今日はちょっと毛色を変えた記事です。

ズバリ、ヒキカタリストの活動についてです。
ネットやSNSを上手く活用するといいよって話をしたと思います。

以前の記事はコチラ→  ヒキカタリストはネットをフル活用するべし!!

でも、今回はもうちょっと入り込んだ話をします。

今の自分が活動するなら

  1. 作詞、作曲
  2. SNSで拡散
  3. ライブハウスでライブ
  4. SNSで拡散
  5. 音源制作
  6. ライブハウスでライブ+CD配布
  7. SNSで拡散
  8. 作詞、作曲

とループしていくわけです。
昔やってたバンドではこんな感じの活動サイクルでしたから。

このループをヒキカタリストは一人でこなさなければいけない訳です。

これから活動したいけど何していけばいいのかわからないって思ってるあなたに
こんなものあったら便利だよ。とかこれは最低限必要とかを書いていきます。

ヒキカタリストの活動を考えてみる

作詞、作曲に必要なモノ

これは紙とペンがあればいいですけど、ぶっちゃけ
今の時代これをする為に必要なモノってスマホだけ。

歌詞はメモに残しておけばいいし『Evernote』とか使えば
PCで編集するさいも便利。

ついでに『Evernote』は録音もできます。
思いついたら録音できますね。

SNSで拡散するのに必要なモノ

これはスマホですね。

Facebook、Twitter、Youtube、Instagramなどで拡散しまくりましょう。

なるべく日常を見せていきましょうね。
自分の活動だけUPしてると嫌われるんで8:2で活動をアップする感じ?

自分なら仕事の日報みたいなの見たくないでしょ?

ブログはやっておくといいかも!?
理由はSNS上だと古い記事は下に言ってしまうから。

もしあなたが気になる人がいたとしてもSNS上だと最近のものしか見れないんです。
それと一緒で結局良くわからんってなる。

SNSはあくまでコミュニケーションツールとして使う方が個人的には気持ちいい。
ブログは昔の記事でも簡単にアクセスできるってメリットがある。

アメーバブログ(アメブロ)とかはてなブログとかで十分活動できる。

ライブハウスで活動な事

ライブハウスでライブはお金払えば原則的にできます。
だけど自腹でチケット代を払わなければいけないと中々続かない。

基本的にライブハウスでは共演になると思いますが、同じ出演者
と一緒の演奏も楽しみましょう。

同じ音楽を志す人間同士きっと仲良くなれます。
ライブが終わってからも連絡を取れるようにブログとかFacebook
とかでフォローしあうのがキモですね。

ライブハウスで大切なのは技術よりも心と
コミュニケーション能力。

恐れたり恥ずかしがっていたら何回ライブやってもお客さんは
増えません。 

友達を作るくらいの気持ちを持つことが大切です。

音源制作に必要なもの

作詞、作曲して自分だけのオリジナルを作りあげて
ライブをして『自分のファン』ができてくると
CDや音源を配信サイトで配信する事で活動資金を集めます。

良く自分のCDを0円でとかやってしまいがちですけど
止めたほうがいいです。

あなたのファンはあなたの曲が好きって言うより
『アナタの事が好き』であなたの為にCDを買って

ずばり『応援したい』んです。

好きでもなんでもなかったら0円でも欲しくないし

お金出して応援したいって思ってるのに0円じゃ
付き合いでもらった人と差別化もできませんから。

CDにするのは自分でやるのは技術と機材が必要です。
ここは身近になったとは言えまだまだ初心者さんには難しい所です。

ここは自分が一番なんとかしたい所ですね。
頑張ります(^^)

あとがき

スマホをフル活用しましょう。
記録したりするのはスマホで十分です。

ライブでは仲間を増やす気持ちでやりましょう。

音源は有料にしましょう。
ライブの音源を録音して販売してもいいですね。

録音関係はまた別の記事でまとめさせて頂きます。