布ナプキンを2年間使ってみて感じたこと

Uncategorized

節約のためにと布ナプキンを使い始めて2年になります。

実際使ってみて感じたメリットやデメリットをお伝えします!

感じたメリット

①嫌な臭いがマシ!

 生理独特のニオイってありますよね…

 私は特にニオイを気にしてしまう性格で、生理のときは

 「周りにこのニオイがバレてないかな…」と不安でした。

 とくにトイレに行ってパンツをおろしたときのあのむわっとするニオイ…

 毎度憂鬱でした。

 ですが布ナプキンに変えて、そのニオイがだいぶ軽減しました!

 完全にニオイがしなくなった…とまでは言えませんが、それでも普段気にならない程度にはなりました!

②毎月の支出が減った

 生理は毎月くるので、使い捨てナプキンだと買い足し買い足ししないといけませんよね。

 捨てるものにお金をつかっていることも、私にとってはストレスでした。

 布ナプキンは初期費用こそかかりますが、長い目で見れば使い捨てナプキンを使い続けるよりもコスパがいいです。

 今では3000円程度で初期セット(5枚入り)が買えたりします。

 そんなに高いわけではないですし、すぐにモトがとれるかと思います。

③オマタの気持ち悪さが軽減した

 経血の付着したナプキンがオマタに当たっているのが気持ち悪くて憂鬱でした。

 布ナプキンは吸収がいいのか、その気持ち悪さがマシです。

 オマタとナプキンの間のねちゃねちゃと言うか、ぬるぬるする感じが格段に軽減しました。

④エコに貢献している感じがする

 布ナプキンを使用する前、マイクロプラスチックについての記事を読みました。

 そこには生理用品も多く含まれていると書いてありました。

 衛生的で便利で快適な生活をするために、使い捨て用品は欠かせません。

 ですが、何か譲れることはあるはず。

 そう思って布ナプキンを使い始めました。

 日常の中で、いろいろ便利なモノに頼ってしまいますが、少しでもエコに貢献できていると思うと

 少し肩の荷が下りる気持ちです。

感じたデメリット

①洗うのが面倒

 経血はお湯で手洗いするとほとんど落ちますし、セスキに浸けておけばシミもほぼ残りません。

 大した手間ではないのですが、使い捨てと比べると確かに手間です。

 私はお風呂に入るときにちょちょいと洗って、セスキに浸けて翌日洗濯機で洗っています。

②外出先での交換が面倒

 使い捨てではないので、使用済みのやつを持ち歩かなければなりません。

 私はチャック付きのビニール袋に使用済みのものを入れて持ち歩いています。

 こうすると汚れがほかのものに付く心配もありません。

 この時にセスキ水を経血が付着した部分にスプレーしておくと、汚れが落ちやすいです。

 さすがに旅行となると、洗濯が必要な布ナプキンは厳しいかなと思います。

布ナプキンをオススメしたい理由

 メリット、デメリットどちらもありますが、私は布ナプキンの使用をおすすめします。

 それは2年間使用してきて、私にとってはメリットのほうが圧倒的に大きかったからです。

 ニオイはマシだし、オマタの気持ち悪さもマシだし、コスパいいし…

 手間のデメリットを差し引いても、この魅力には適いません。

 とは言っても、使い捨てナプキンを使用することもあります。

 もしもの時用には使い捨てナプキンを常備していますし、旅行のときも使い捨てナプキンを使用します。

 そのように、使い分けていけばエコにも貢献出来て、自分の財布にも優しく、手間が大きな負担になることもない…

 より生活がよくなるのではないかと思います。

 この記事が皆様のお役に立てたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました